在宅医療とは

在宅医療とは

定期的な医療を必要とされる方の中には様々な理由で通院が困難になる方がいます。

なるべく入院するよりも住み慣れた自宅で過ごしながら、
医療を受けたいという希望をお持ちの方もいらっしゃいます。

在宅医療とはこのような患者様に対して、医師がご自宅へ直接訪問し定期的な診療を行うことを指します。

薬の処方、点滴、酸素吸入、バルーン管理、
人工呼吸管理など幅広い診療が可能であり、
複数の医師が在籍するため、24時間365日医師に連絡がつくため、
緊急時にもご安心頂けます。

通院の困難な患者さんであれば年齢や病気の種類に関係なく、
在宅医療を受けることができます。

またご自宅だけでなく施設に在住の方もご利用頂けます。

訪問看護や介護スタッフの方と協力しながら、
患者様とご家族の方々に住み慣れた、
自宅での療養生活を送りたいというご希望を支援させて頂きます。

対象となる方

なんらかの理由で通院が困難な方で在宅での診療を希望される方が対象となります。

主に大阪市内、東大阪市などを中心に当院から16km圏内であればどこでも診察可能です。
緊急時の対応などを考えると30分圏内程度が望ましいと考えておりますが、
詳細はご相談ください。

対応可能な医療内容
・疼痛緩和 ・悪性腫瘍末期 ・在宅胸水・腹水ドレナージ
・在宅酸素 ・気管切開 ・在宅人工呼吸器
・各種ドレーン ・点滴注射 ・中心静脈栄養
・胃瘻 ・在宅自己注射 ・人工肛門・人工膀胱
・認知症 ・寝たきり状態 ・神経難病

ご依頼方法
まずは当院へ電話、メール、FAX等で直接ご相談ください。
入院中の方や施設入居中の方は地域医療連携室やソーシャルワーカーからご連絡も頂けます。


費用

外来診療扱いとなり、健康保険が適応されます。
医療費1割負担の場合、月2回の訪問診療で6500円~8500円程度となりますが、行っている医療内容や保険の種類により増減することがあります。

訪問回数が増えても上限がありますが、年齢・収入によって異なりますのでお問い合わせください。

image_012